2016年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
12月19日(月)
先々月のこのページで、私が今年いかに疫病神かを並べ立てたら、翌月の11月2日に大変な風邪を引いてしまいました。母の納骨を終えて帰京する新幹線の中でした。
しかも、11月9日を皮切りに、11月は何と舞台が九つも入っていました。
激しい咳と闘いながら、どうやってすべてこなしたのか、今思い出そうとしても浮かんできません。
成蹊小学校PTAの皆さん、本当にひどい声の私を温かく迎えて下さって有難うございました。




国際フォーラムでのミュージカル『赤毛のアン』は、四回公演中三回目で、ようやくちゃんと声が出たような気がします。
子役の子ども達や大人のアン、ギルバートまで、皆さんと本当に楽しく過ごせた舞台でした。
一回、自分のソロの場面が終って舞台転換になって、次の学校の教室のシーンで、真っ暗な中上手く引っ込むことが出来ず、教室に残ってしまったことがありました。
みんなに笑われました。しくしく・・・。




小林研一郎マエストロと一緒に東北の被災地を回ったツアーでは、改めて人々の蒙った苦しみに触れると共に、その中でもみんなが美しい音楽に癒され、必死で音楽を続けていることに強く励まされる思いがいたしました。
校舎を流されてしまい、よその高校で練習を続けた高校生達みんな、これからも頑張って音楽を続けてね!!
 
来年は素晴しい年になりますよう、祈り続けます。
私たち『真夏に第九を歌う会』の年明け早々のガラ・コンサートも、素敵なプログラムになっています。
どうぞ聴きに来てください。
収益をすべて、被災地の子供たちへの教育支援に寄付いたします。
 
ところで、先々月からの急性外耳道炎がまだ続いています。
咳も続いています。

 
10月25日(火)
今年の私は、間違いなく疫病神だと確信しています。
 
まず、初めて演出させていただいたオペラの上演が、三月十二日、十三日、あの震災の翌日でした。
勿論客席はがらがらです。
演出家は長い期間稽古場に通うのですが、本番が終ったら大好きな温泉にでも浸かりに行こうと予約してあった温泉が、何と東北の温泉でした。
 
六月からのプーシキン美術館展のために久々の劇画「三つの都の物語」を書いていたら、福島原発の影響でロシアから絵が届かないことになり展覧会は延期、八月には体調を崩して『真夏に第九を歌う会』のサントリーホールでの定期演奏会でのソプラノソロをキャンセルしました。

チャリティ贈呈式

急遽私に代わって若いソプラノさんが歌ってくださいました。
十月に行こうと予定していた十津川村が、九月の台風で大きな被害を受けました。
がっかりしているというメッセージを前回書いてすぐに、毎年開かれている渋谷アーツサロン声楽教室の発表会がありましたが、この日は何と台風が東京を直撃したど真ん中の日でした。客席にはたった三人のお客様でしたが、そのせいかどうか、生徒の皆さんはいつにも増してリラックスして上手に歌っていらしたように思いました。

舞台袖でいつものようにアナウンサー
発表会が終るとすぐに、いつもご一緒にコンサートをしていただいていた方が急性白血病となり、予定されていたコンサートが一気にキャンセルになりました。
驚いて呆然としているうちに、なんと私の母が急逝し、何が何だか現実感がさっぱり湧かないままでいるところへ、乗っていたタクシーの前でバイクが急ブレーキをかけ、ちょっとした怪我をしてしまいました。
大した怪我ではなく胸をなでおろしたところで、急性外耳道炎にかかり、病院通いの日々です。
 
周りの皆さんには「私は今年疫病神だからあまり近寄らない方がいいよ」と申し上げております。
 
でも、改めて振り返ってみたら色々といい事も随分ありました。

このパーティにでて久々にわくわく楽しくしていた夜に、母が亡くなりました。

大関昇進を確定して嬉しそうな琴奨菊関と。

同時に関取昇進を決めた琴勇輝関。
禍福はあざなえる縄の如しといいますが、本当にその言葉を実感させられました。

来月からは小林研一郎マエストロと仲間オケの皆さんと、北上、青森、郡山と、被災地の皆さんの前で演奏させていただけます。少しでも皆さんの心を癒せる歌が歌えたら嬉しいです。

 
9月21日(水)
なかなか厳しい残暑、それに豪雨と、こんな小さな日本列島を自然の猛威が襲いますね。
気分的にかなり疲れ果ててしまいます。
実は、十一月に私の亡き父の故郷・奈良県にある菩提寺での講演の前後に、十津川村に行こうと計画していたのですが、美しい村も今豪雨の被害に遭っています。
毎日ニュースを見るのが辛いです。
 
体調を壊してずっと飲み続けていたお薬には、なかなか厳しい副作用があって、だるさ、頭痛、吐き気、腹痛、不眠と、「こんなのなら飲まないほうがマシ!!」と叫びたくなるようなものですが、それを上回る痛さには勝つことが出来ません。
猛暑を逃れて、ほとんど半分意地になって、八ヶ岳にある別荘に10日間ほど避難しました。
向こうで少し持ち直し、お薬からも離れられたと思っていたのに、東京に戻ってきた途端に、ふたたび症状が悪化して、元の木阿弥となりました。
でも滞在中には、親しい友人や若い友人達が入替わり泊まりに来てくれて、また時折出現する猪の子供や鹿、それに狐などの姿に心癒される日々でした。

高校一年生のときからの親友と。うちには彼女の部屋もあるんです。

ものすごい眺望と高さを誇る八ヶ岳高原大橋、別名「ちびり橋」。私の弟の命名です。

いつも私の舞台でピアノ伴奏をして下さっている
上原豪さんと奥様でヴァイオリニストの光さんも合流。
みんなで清春白樺美術館に行きました。
後ろに見えているのは、こう見えてお茶室です。
別に上原君が支えているわけではありません。

先日、浜離宮朝日ホールのオペラ「リゴレット」でヒロイン・ジルダを歌ってくださった
伊達みずきさんと、ご主人のマルコさん、通称マルちゃん。
今週は渋谷アーツサロン声楽教室の発表会があります。
入場無料ですので、お時間のある方はふらりと立ち寄ってみてくださいね。
今年はゲストに、リゴレットでジルダをやって下さった伊達みずきさんも出演です。

 
8月26日(金)
今日はすごい雨と、雷です。
バンバン落ちまくっています。

8月20日のサントリーホールでの『レクイエムの夕べ』、既にご存じの方も多いと思いますが、私は病気のため急遽出演をキャンセルしてしまいました。
前日に代役を打診されたソプラノさんが、頑張って代わりを務めて下さったそうです。
舞台のキャンセルなんて、生まれて初めてのことで、体調の管理も含めてのプロなのだな・・・と、改めて再認識しました。
お薬を飲みながらまだ寝たり起きたりして、その合間にエッセイなどを仕上げるという日々です。
予定していた遅めの夏季休暇も先送りになってしまいました。
もちろん、断固とりますけどね。

8月2日、都内のさるイタリアレストランで、ちょっと変わった会合が開かれました。
イタリアから帰任された大使と参事官の方のお帰りなさい会です。
昨年は2回もイタリアでのマンガ・フェスに招いていただき音楽会も開いていただきましたが、その時に在伊日本大使館には本当にお世話になりました。
昨年のローマにゆかりのある人々が集ってのウェルカムバック・パーティでした。
お知り合いの「Ks'Table」が、特別に貸切にして下さいました。

K'sTableのある通りにて、指揮者の西本さんと。
「こんな商店街を一緒に歩くなんて、何か面白いね」と記念写真を撮りました。
あと暫くは治療と療養にかかるでしょうが、寝ている間にすっかり背筋と足の筋肉が落ちてしまいました。
家の中を歩くだけでもそれを実感します。
もう若くないのだから寝込むのは命取りですね。

 
このたびの大地震では、信じ難い被害が広がっております。
被害に遭われた皆様、またそのご家族は毎日本当に辛い思いを
されていることと心を痛めております。
どうか希望を失わず、強い気持ちを持ち続けて下さい。
心よりお見舞いを申し上げますとともに、私たちにできることを
見つけて応援していく積りでおります。
 
     
池田理代子プロダクション一同
 
1月7日(金)
明けましておめでとうございます!!
東京は晴天の素晴らしい新年でした。
昨年から新年にかけては、沢山の原稿を抱えていて、何処へも行けず閉じこもっていましたが、元旦だけ、母のところへみんなが集まって一緒に御節を頂きました。
 
今月はいよいよ、フランス・アングレームでの国際漫画フェスティバルとヴェルサイユ宮殿マリー・アントワネットの小劇場でのコンサートのために渡仏いたします。
久しぶりとなるパリへはANAの直行便で行きます。ヨーロッパは歴史的な寒波。風邪を引かぬよう防寒対策をしっかりしていかねば。


12/8(水)渋谷パルコ劇場でのささきいさおさんとの朗読劇『Love Letters』に沢山のご来場を有難うございました。
会場には松本零士先生からの素晴らしいばらのスタンドが届いていて、また終演後先生と本当に久しぶりでお話できて、とても感激でした。


今年も、浜離宮朝日ホールでのオペラ『リゴレット』とサントリーホールでのマエストロ・コバケンとの真夏に第九を歌う会のチャリティ・コンサートという二本の大きな柱に加え、さまざまな場所で皆さんとお目にかかれることを楽しみにしています。
唐辛子の会会員の皆様には、4月2日(土)浜松町のレストラン「サン・ミケーレ」でのお食事会にてお目にかかりましょう。
今年は、バリトンの村田孝高さんに加え、イタリアからソプラノ伊達みずきさん、広島から「貴公子」三木貴徳さんが出演してくださいます。