2016年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
4月1日(月)
暖かな日々が続いています。
花粉症も、お薬を頂いて少し楽になってきました。
でも、朝起きたときには目の周りがぷっくりと腫れあがっています。
 
3月20日、21日と、岡山でのベルばら展のためにサイン会、講演会をしてきました。
今回のサイン会では、今までで一番男性が多くて、びっくりでした。
皆さん、長時間お待ちくださって本当に有難う。

サインとともに記念写真

限定五十名様のために朝早くからお待ちいただきました

テレビせとうちの女子アナさんと控え室にて

 
3月18日(月)
大相撲大阪場所、連日熱戦が続いていますね。
私は、大相撲放送が十五日間で終ってしまった後は、いつも何をやって過ごそうかと、しばし腑抜け状態になる程相撲が好きです。
五月は東京場所なので、今から国技館に行くのが待たれます。
相撲といえば、お相撲大好きのルイ十六世でお馴染みの『ベルばらキッズ』の連載が、この3月で終ります。本編のベルばらを遥かに凌ぐ長い間、ご愛読頂き有難うございました。
でも、休む暇もなく、『マーガレット』誌創刊五十周年記念のために、『ベルサイユのばら―エピソード@』を書いています。
 
ところで、この歳になって初めて、何と花粉症デビューしてしまいました!!
風邪と似たような症状で、でも、ついでに本当に風邪まで引いてしまい、もう辛い日々です。
人生何があるか分らないですね。
 
うららかなある日、友人がふらりと遊びに来たので、急遽スパゲティをゆでてお昼ご飯(私には朝ごはん)にしました。
おもたせのお饅頭を頂いて、久し振りにほっこりとした時間を過ごしました。
ベランダのお花に、蝶や蜂が飛んできています。



 
1月30日(水)
早いもので、もう年が明けて一ヶ月が過ぎようとしています。
一月は東京にどか雪が降って、交通が麻痺したり、色々と大変でした。
ベランダのプリムラさんたちも、雪の重みで折れたりしてしまいましたが、それでも元気に咲き続けてくれています。


宝塚『ベルサイユのばら』公演が、元旦から始まりましたね!
2月15日からの東京公演分も、チケットは既に完売だそうです。
東京公演に行くのを今から楽しみにしています。
 
今年は久々に明治神宮に初詣に行きましたが、もうすいているかな、という日に行ったのに、やはりすごい混雑!
私は何とクリスチャンのくせに『明治神宮崇敬会』に入っています。
昭憲皇太后の御製「金剛石も磨かずば 珠の光は添わざらん・・・」と、小学校の朝礼で歌わされて育った世代としては、明治神宮は特別な存在です。
しかしこの歌、教養としてでも知っている人なんてもう、若い世代では殆んどいないでしょうねえ。


1月24日、今年も『日本一短い手紙 一筆啓上賞』の審査員として、福井県の丸岡町に呼んでいただきました。
今回のお題は「有難う」。過去最高の6万5千通を超える全国からの応募の中から、約900編に絞られ、その中から大賞五編、秀作十篇など選ぶのは大変な作業で、テレビや新聞などの取材陣が見守る中、三時間半に及ぶ侃侃諤諤の協議が続きました。
因みに次回のお題は「忘れない」だそうです。
いつも、美味しい海の幸のご馳走が楽しみです。



 
1月1日(火)
皆様、明けましておめでとうございます。
どんな新年をお迎えですか?
今年は癸巳年、新しい生命を育む年だそうです。
皆様の上に何かいい事のある年であります様お祈りいたします。
 
年齢とともに年月の経つのが早くなり、今までの二倍も三倍ものスピードに感じられます。
スペインで歌ったこととか、引越しをしたことなど、ずっと昔のことのような気がしています。
こうやって、あっという間に人生は過ぎていくのだなぁと実感します。
 
昨年は『リヒテンシュタイン展』のために書き下ろした「リヒテンシュタイン物語」がとても好評で、あっという間に二刷となり、嬉しい思いをしました。
今年も、漫画で、舞台で、そして展覧会で、皆さんとお目にかかれるのを楽しみにしています。